グループ概要

1982年設立のMEAN WELL社は標準タイプのパワーサプライの製造を専門とする世界的なメーカーです。2020年3月にリリースされたマイクロテクノロジー・コンサルタント報告では、グローバル電源メーカーの第4位に格付けされています。MEAN WELL社は上位3名されているメーカーのOEM向けビジネスモデルとは異なり、自社ブランドの標準電源の売上高収益が、全売上高の99%に達しています。

MEAN WELL社は「善意」及び「信頼できるパートナー」の精神に基づき、顧客、サプライヤー、請負業者及び従業員と長期的な相互信頼関係を結んでいます。世界100カ所以上の正規販売代理店と強固なパートナーシップを結ぶことができました。MEAN WELL社は設立以来、堅実な成長を遂げて、2019年の連結収益は10億米ドルを達成しました。台湾本部、中国支社、アメリカ支社、ヨーロッパ支社などとともに、中国(広州、蘇州)と台湾(新北市)に3つの先進生産拠点で、合計2,800人の従業員がございます。
 

 
ミンウェルジャパン株式会社は2021年の春に設立する計画があります。日本国内のお客様に標準電源の選択や技術サポートなどのローカルサービスをご提供致します。また、日本代理店と共に展示会のプロモーション、製品説明会、技術セミナーなどの行動で、ミンウェルのブランドを強化します。私共はこれからも日本企業のニーズをご満足いただける提案を追求し、お客様とのWin-Winを目指してまいります。